プリザーブドフラワー

フランス生まれ

「寿命の長い花」として世に出された

プリザーブドフラワー。

 

20180405_145250

 

生きている花さながらに

美しさを保ち続けた花。

 

 

ドライフラワーとの違い

乾燥させる前に

生花を一旦特殊な液に漬けこむこと。

色を入れ直してから水分を抜くので

色鮮やかなままで長期保存が可能です。

耐久性もあります。

 

気をつけること

もともと乾燥した気候のヨーロッパに適した素材なので

湿気の多い場所はNGです。

 

色あせの原因になるので

強い日差しも避けてください。

 

 

20180405_144639

 

華やかなプリザーブドの花を見かけることが多いですが

こんなに可憐なリースも。

 

 

思い出の花などを

当時の姿のまま残しておくことも素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中